miyakawa一覧

スポンサーリンク
スポンサーリンク




Nuxt.js(vue.js)でOnsenに浸かりたい

最近、Webアプリを作るときは専らNuxt.js(Vue.js)を使うことが多いです 爆速でWebアプリが作れるのは勿論のことなによりホットリロードのおかげ開発がしやすいです さて、今回やってみたのはNuxt.jsにOnsen Uiを導入をしてみました 前々から気になっていたコンポーネントであるOnsen Uiなのですが、とりあえずHello Worldまでできたので導入までを残しておきます

エンジニアでもロードバイクに乗りたい(アクセサリ系編)

以前の記事ににて”エンジニアでもロードバイクに乗りたい(ロードバイク編)”を投稿しました つぎはアクセサリ系編です ロードバイクは本体を購入しても走行はできますが、安全にかつ快適に走行することができません 別途ライトやペダルが必要です また、サドルの調整や洗車をするためのメンテナンス用品も購入しなければなりません 私が快適に安全にロードバイクに乗るために揃えたものをまとめ、一体全体いくら掛かったのか記事にまとめます

エンジニアでもロードバイクに乗りたい(ロードバイク編)

引越しをして購入したいと思っていたものがありました ロードバイクです もともとGiosのMistaralというクロスバイクを所有しており、ブログでまとめている通り金沢から京都を行ってみたり、金沢から新潟(上越)と大変活躍をしていました しかし、ロードバイクがほしい!乗ってみたい!という気持ちが高まり購入することにしました 購入して早速乗るぞーと意気込んでいましたが、安全性で快適な走行をするためにはアクセサリやメンテナンス品等を購入するする必要があります 快適に走行したい私はアクセサリ等を集めたのですがかなーりお金がかかりました そのため、私がロードバイク購入時に掛かった費用を2つの記事にしてまとめていきます

Intel RealsenseをUnityで動かすまで

後輩の研究のお手伝いでIntel Realsenseを動かすことになりました どうやらUnity内で起動したいということで、まずは環境構築です しかし導入方法を調べてやってみてもなかなかうまく行かず、試行錯誤の末になんとか導入することができました そこで、Unityで動作するIntelRealSenseのサンプルプログラムを動かすまでの手順を書き留めておきます

ハイエースをレンタルして自力で金沢から関東へ引越ししてみたレポート

久しぶりの投稿です 約3ヶ月程度空いてしまいました この三ヶ月は研究発表やアルバイトでアプリケーションの開発をしていたりと大変忙しかったです そのため、投稿できる時間がとれませんでした やっと一段落をしたため、記事として残しておきたかった、ハイエースをレンタルして引っ越ししてどれくかい費用が掛かったをまとめておきます

RaspberrypiでもKerasで深層学習したい!

KerasはバックグラウンドにTensorFlowを入れる必要がありますが以前にpipで簡単に入ることを聞いていたので余裕だと思っていましたがいろいろと罠がありました なんとか入れることができたので導入の仕方と躓いたところを書いておきます

自転車で京都行きたいからいってみた

運動する良い季節になりました 「どこいこうかなぁー」と思いいろいろと調べていました 以前に諏訪湖に行き、今度はなるべーく平坦な道走りたいということで金沢から京都に行くことにしました

ロボホンアプリ開発メモ

ロボホンアプリを開発する機会がありました ドキュメントを読んでみたり実際に作ってみたりしてさぐりさぐりロボホンを知ろうとしています 以前に簡単にロボホンを喋らせるアプリを作ってみたりしていました これらを踏まえてロボホンのアプリを作る上で重要だと思うところをメモしておきます

ロボホン君を簡単に喋らせるためのサンプル的なアプリを作ってみた

ロボホンを知っていますか? 目の付け所がシャープな企業であるSHARPから発売されているロボットです 私が所属している研究室にもロボホンが在籍しています ロボホン用のアプリも開発ができるのですが、喋らせるのがちょっとめんどくさいので簡単に喋らせ身振りもすることができるサンプル的なアプリケーションを作ってみました

Web上でもARでミクさんを踊らせたい

最近、自分の中でAR(拡張現実)が再ブレイク中です はじめは三年前ぐらいに流行り、Unituyを使ってARを挑戦しました デバイスごとにアプリを作り直さなければならない点がどうしても開発に煩わしさを感じてしまい、一気にブレイクが去っていきました しかし、Web上でもARができるようになったよ!というニュースをみて改めて挑戦をしてみました 挑戦をした結果、Web上にてARでミクさんを踊らせることができたので記事にします

スポンサーリンク