Procedure

RaspberryPiにphantomjsを導入

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

RaspberryPiを使ってcui上でウェブページのスクリーンショットを撮りたいと思い、phantomjsを導入しようとした時に色々手こずったのでログとして残す

通常、phantomjsを導入するのにはかなり時間(2時間ぐらい)かかるらしい

はじめは時間が掛かる方法でやっていたが、やってられなくなりRaspberryPi用に作っている人がいないか調べたらでてきた

aeberhardo/phantomjs-linux-armv6l
PhantomJS compiled on a Raspberry PI (Raspbian "wheezy"). - aeberhardo/phantomjs-linux-armv6l

 

スポンサーリンク

 導入方法

$ cd /tmp
$ wget http://github.com/aeberhardo/phantomjs-linux-armv6l/archive/master.zip
$ unzip master.zip
$ cd phantomjs-linux-armv6l-master
$ bunzip2 *.bz2 && tar xf *.tar
$ sudo chmod 755 phantomjs-1.9.0-linux-armv6l/bin/phantomjs
$ sudo mv /tmp/phantomjs-linux-armv6l-master/phantomjs-1.9.0-linux-armv6l/bin/phantomjs /usr/local/bin/
$ rm /tmp/master.zip
$ rm -r /tmp/phantomjs-linux-armv6l-master


#日本語フォントを導入
$ sudo apt-get install fonts-ipafont

 

インストールできているか確認

$ ./phantomjs-1.9.0-linux-armv6l/bin/phantomjs --version
1.9.0

 

これでCUI上でもWebのスクリーンショットを撮れるようになりました

 

参考程度でスクショするプログラム

var sample = require('webpage').create();
sample.open('http://google.com', function () {
    window.setTimeout(function () {
        page.render('hoge.png');
        phantom.exit();
    }, 200);
});

実行

phantomjs sample.js

 

参考

  1. GitHub http://github.com/aeberhardo/phantomjs-linux-armv6l
  2. Raspberry Pi2でPhantomJSをビルドする http://blog.mursts.jp/entry/2015/10/16/build-phantomjs-on-raspberrypi2/

コメント

タイトルとURLをコピーしました