ESP-WROOM-02におけるソケット通信

ESP-WROOM-02からESP-WROOM-02へデータを送信するにはどうすればよいのだろうと調べていました

調べるとあるにはあるのですが、ESP-WROOM-02をアクセスポイントとしてサーバーを動かし、クライアントがそこへアクセスするという仕組みが多くあります

個人的にはサーバーはルーターにぶら下がった状態でほしいと思っています(ESP-WROOM-02だけでは電波範囲が弱そうであるため)

色々調査した結果、WebSocket.hを使えばできることを知ったのでこれでいくことにしました

備忘録がてら残しておきます

冒頭でも記述しましたが下の図のようにルーターを噛ませてソケット通信をしたいと考えております

ネットでよく見るのは下記のような接続方法(これじゃない)

スポンサーリンク




スポンサーリンク

導入方法

はじめにWebSocketsのライブラリが必要ですのでライブラリをダウンロード後インクルードしてください

arduinoWebSockets. Contribute to arduinoWebSockets development by creating an account on GitHub.

クライアントとソケットのプログラムはGitHubに投げてあるので、下記のURLからCloneをしてきてください

Contribute to Simple_socket_communication_of_ESP-WROOM-02 development by creating an account on GitHub.

中には”esp_client”と”esp_server”があります

  • esp_client ・・・ クライアント側のプログラム(データを送信する側)
  • esp_server ・・・ サーバー側のプログラム(データを受信する側)

esp_clientの設定

Server_ip ・・・ サーバーのIP

port ・・・ サーバーのポート

ssid ・・・ ルーターのSSID

password ・・・ ルーターのパスワード

esp_serverの設定

Serverは固定IPにするようにしています(詳しく見たいひとはここ)

ip ・・・ サーバーのIP

gateway ・・・ ゲートウェイ

subnet ・・・ サブネット

DNS ・・・ DNS

port ・・・ サーバーのポート

ssid ・・・ ルーターのSSID

password ・・・ ルーターのパスワード

実行結果

esp_client(クライアント側)

esp_server(サーバー側)

そのうち何台まで接続できるか試してみます( ˘ω˘)

作ったプログラム http://github.com/Momijinn/Simple_socket_communication_of_ESP-WROOM-02.git

参考文献