ESP32で遊んでみる

先日東京に行きました

秋葉原を徘徊しているとESP32開発ボードが販売されていたので早速購入をしました

備忘録ついでに使い方をメモします

Arduinoで使いたいため、Arduinoniボードを登録します

またこの方法はWindowsなので注意です ※Macは違う方法

ドキュメントフォルダにArduinoファイルがあるため、そこにまでディレクトリを移動します

そしてcmdにて下記を打ち込む

※gitがない場合はインストールしてください

esp32\toolsにディレクトリを移動します

get.exeをダブルクリックして起動します

ネットに接続されていないとエラーがでるので注意

次にESP32を認識させるためにドライバをダウンロードします

ダウンロード先:http://jp.silabs.com/products/development-tools/software/usb-to-uart-bridge-vcp-drivers

“VCP をダウンロード (5.3 MB) (デフォルト)”で問題ないと思います

ダウンロードしたファイルを解凍後、それぞの環境に合わせてexeを実行
OSが32bit:~~_x86.exe
OSが64bit:~~_x64.exe

Arduinoを起動し、ボードを”ESPea32″にする

あとは下記のように設定

プログラムが実行できるか確認するため、Webサーバーを構築しています

“ファイル->スケッチの例->ESPmSNS->mDNS_Web_Server” を選択してください

プログラムの上段らへんに下記のような行があるため、各自の無線ルーターSSIDとパスワードを入力します

あとはプログラムを書き込んでください

Leaving…
Hard resetting…

と出たら書き込み完了

シリアルモニタにて割り振られたアドレスを確認し、ブラウザで接続してみてください

この例の他にもタッチセンサーやnat機能付き中継器の構築など色々な例のプログラムがあるため、使ってみてください

ESP-WROOM-02やESP32のおかげで無線接続の敷居がぐっと下がった気がします

安価でマイコンをインターネットに接続することができるため、是非試してみてはいかがでしょうか?

参考文献

スポンサーリンク