ラズパイを有線LANの接続先にする

ほとんどネタ被りってのもありますが・・・汗

ラズパイを有線LANの接続先にする方法です

ラズパイを家庭内の無線LANに接続し、有線LANのアクセス先にします

簡単に無線LAN接続する方法を記載しましたが(ここ)、試作用にOSを再インストールするときは有線LANに接続したほうが断然楽です

また、無線LANがオンボードでないRaspberrypi(初期)やRaspberrypi2でルーターが遠くにあるなんかはこの方法は便利だと思います

ほとんどQiitaに記載されている方法のため、ネタ被り感が半端ないです

基本はwlan0をlo0を入れ替えるだけです

参考:http://qiita.com/mt08/items/f2e4f9d3b1ed00849e23

こんな感じの接続方法

インターネット –> ルーター -無線LAN-> Raspberrypi3 -有線LAN-> 色々な機器

必要なもの

  • Raspberrypi3
  • 適当なスイッチングハブ

手順

ほんとQiitaと一緒なので簡単にかきます ※詳細はQiita参照(ここ)

いつものやつ

dhcpサーバーのパッケージインストール

dhcd.confの編集

isc-dhcp-serverの編集

dhcpcd.confの編集

hostapd.confの編集

hostapdの編集

sysctl.confの編集

iptablesの設定

70-ipv4-natの編集

再起動

サービスの開始と登録

isc-dhcp-serverの編集

qiitaと一緒です・・・

これで終了です

有線LANで接続し、割り振られたIPをみると192.168.42.*で割り振られていると思います

MACアドレスを申請しなければならないネット環境でも、このようにネットワークを構築することで、MACアドレスを申請していないパソコンでもラズパイを返してネットワーク接続をすることができるようになりました

便利だと思うコマンド

  • ラズパイ上で割り振ったIPを確認するコマンド

参考文献

  1. http://qiita.com/mt08/items/f2e4f9d3b1ed00849e23
スポンサーリンク