超簡単にラズパイを無線通信させる

以前にもラズパイを無線通信させる記事をあげました

しかし、Rasbianのバージョンアップや前記事の方法は意外とめんどくさい?等がでてきました

私自身、現在は前記事の方法でなくもっと簡単な方法でラズパイを無線通信させているための紹介兼メモ

ラズパイを起動後、Terminal上で下記のように記述

※ hoge_ssid : 接続先のSSID
hoge_pwd : 接続先のパスワード

次に無線を再起動

再起動後、ifconfigにてIPを確認するとIPアドレスが振られていると思います

余談でセキュリティを向上させるためのメモ

wpa_supplicant.confにある#pskの行を削除(削除しなくても切断はされません) ※これをすると生のパスワードが削除される

さらに余談で固定IPを振るメモ

dhcpcd.confの最終行に以下を記述

※ルーターIPやDNSサーバーは各々違うため、それぞれ確認してください

※*には振りたいIPアドレスを記入
※/24 = 255.255.255.0
※無線LANで固定IPを振りたい場合は、”interface eth0″を”interface wlan0″にすれば固定されます

スポンサーリンク




スポンサーリンク

参考文献

スポンサーリンク







フォローする

コメント

  1. […] 簡単に無線LAN接続する方法を記載しましたが(ここ)、試作用にOSを再インストールするときは有線LANに接続したほうが断然楽です […]