IM920同士のペアリング

以前の記事のコメントにて、IM920同士のペアリングが知りたいということで、ペアリング方法をまとめました

TeraTermで行う方法と、私が作成したPythonモジュールで行う方法がありますが、TeraTermで使う方をまとめます

スポンサーリンク




スポンサーリンク

準備するもの

  1. IM920 *2台 (1対1の他にも1対Nもできるが、今回は1対1の通信をします)
  2. USBインターフェイスボード IM315-USB-RX *1個 必須
  3. ミニUSBケーブル *1本 IM920をパソコンに接続する時に必要
  4. Tera Term

ペアリング

IM920は下記の画像の通り、ペアリングを行うデバイスは、電波を受け取る側(Bデバイス)です

従って、Bデバイスは、データを送信しているデバイス(Aデバイス)のIDを登録します

電波の見方

はじめに、データを送信するモジュールのIDを確認します

手順1.IM920をパソコンにつなげる

IMG_20170204_170122

手順2.Tera Termを立ち上げ、接続されているCOMポートを選択する

02

手順3.上タブから、”設定 -> シリアルポート”を選択する

ボーレートを19200に変更する

03

手順4.上タブから、”編集 -> 貼り付け<CR>“を選択する

“RDID”と入力し、OKを押す

押すとモジュールのIDがわかる

05

06

手順5.データを受け取るデバイスをパソコンに差し込む

手順6.Aデバイスと同様に手順2~3を行う

手順7.上タブから、”編集 -> 貼り付け<CR>“を選択し下記のテキストを参考にしながら記入する

そしてOKをおす

コンソールに”OK”がでればペアリング完了です

“NG”がでれば、一行ずつやってみてください

ペアリングは電源を落としても継続されます。

ペアリングを解除するときは下記のコメンド一覧にある”ペアリングの解除”をモジュールに記述してください

覚えておくと良いと便利なコマンド

  • 固有IDの読み出し

RDID

  • 8バイトの固有データを送信 ※アスキーコードに変更して送信

TXDT

ex) TXDT 68656c6c6f

  • 1~64バイトの可変データを送信 ※アスキーコードに変更して送信

TXDA

ex) TXDA 68656c6c6f

  • ペアリング

ENWR
SRID “ペアリングしたいデバイスID”
DSWR

  • ペアリングの解除 ※すべて解除される

ENWR
ERID
DSWR

個人的には、PythonでPySerialをインポートして、こちらの方法でやったほうが簡単だと思います -> http://www.autumn-color.com/?p=501

それでは良い920MHz帯ライフを

スポンサーリンク







フォローする

コメント

  1. 竜之助 より:

    投稿ありがとうございます!
    とても助かりました。

    質問があるのですが, USBインターフェイスボードは1つではダメなのでしょうか?
    送信側(A)のIDを調査, USBインターフェイスボードを外す

    受信側(B)にUSBインターフェイスボードを使い書き込む
    というやり方は出来ないのでしょうか?

    また 野暮な質問かもしれませんが, ペアリングは使用するたびではなく, 最初に1回やってしまえば解除するまでペアリングは継続されますよね??

    質問が多くて申し訳ありません…(><)
    教えていただけたら嬉しいです。
    どうぞよろしくお願い致します。

    • miyakawa より:

      竜之助様

      USBインターフェイスボードは一つで問題ありません。
      受信側に、送信側のIDを書き込めばデータを受け取ることができます。

      ペアリングですが、一度IDを書き込んでしまえば電源を落としてもペアリングは継続されたままになります。

      • 竜之助 より:

        ありがとうございます!
        とても助かりました!

        つい先日購入してきました♪
        これから実際に使っていきたいと思います!

        また分からないことがあれば質問させていただいてもよろしいですか??

        • miyakawa より:

          竜之助さま
          よい920MHz帯ライフを楽しんでください!
          質問がありましたらいつでもどうぞ♪

  2. yanasan より:

    とても役に立ちました。
    やりたかったのは、単にIM920の周波数チャネルの設定だったのですが、簡単にできて感動しております。
    なのに、、、今日同じことをやろうとしたら、
    >手順4.上タブから、”編集 -> 貼り付け“を選択する
    のところで、「貼り付け<CR>」が灰色になり、使えません。設定は昨日やったのと同じです。USBケーブルを抜いたり差したり、Windowsを再起動したり、TeraTermをアンインストールして再度インストールしたり、何をしても灰色のままです。
    設定はここでお書きの設定と全く同じです。何かご存知のことはありますか?

    • miyakawa より:

      yanasan様
      ブログをご覧いただきありがとうございます
      はじめにパソコンがIM920を認識していることを確認してみてください
      次に”手順2.Tera Termを立ち上げ、接続されているCOMポートを選択する”にて、IM920を選択しているか確認してみてください
      個人的な経験談ですが、些細な設定ミス等で使えなかったケースが多くありました
      今一度確認してみてください

      これでもできなかった場合、一度初期化し、再度周波数チャンネルを設定してみてください
      下記に工場出荷状態のコマンドを記載しておきます
      PCLR

  3. yanasan より:

    とても役に立つ投稿ありがとうございました。
    やりたかったのはIM920の周波数チャネルの設定だけでしたが、簡単にできて感動しました。
    なのに、、、今日同じことをやろうとしたら、ここでつまずきました。
    >手順4.上タブから、”編集 -> 貼り付け“を選択する
    「貼り付け<CR>」が灰色になって使えません。設定はMIYAKAWAさんのと同じで、一昨日にうまく行ったときと変えてません。Windows7なので不安定なのでしょうか?
    何かご存知のことがあれば教えてください。