ArduinoでMK-156(ボイスプレーヤーモジュール)を使う

今まではブザーでなんとかメロディを作ってマイコンで音を出していたが、「スピーカーで音楽を!」ということで色々探していたらMK-156という音声もジュールが良いらしいので研究費で購入してみた。

色々探してみると、Arduinoで使っている事例がなかったためまとめてみる。

スポンサーリンク




スポンサーリンク

MK-156とは?

MK-156とは、マイコンキットドットコムから発売されているアンプ内蔵で小型の多機能MP3/WAVボイスプレーヤーモジュールです。

シリアル通信(RS232C)で操作できるため、マイコンでも簡単に音を出力ができるモジュールです。

MK-156を操作するMK-157というコントローラボードキットも発売されています。

音楽データの取り込み

SDカードに音楽データを入れるときに少し工夫が必要です(結構ここで迷った)

また、再生できる音楽データはmp3かwavのみです。

下記のように音楽データを入れること!

フォルダ(01~99) \ 音楽ファイル(001 ~ 255)

ex) 01\001.wav というふうに音楽ファイルを入れていく

フォルダは01~99まで作成可能

音楽ファイルは001~255でフォルダ名をつけてください ex)001.mp3 002.wav

接続

下記の画像のとおりにArduinoと接続する

スピーカーは適当なものを購入して接続してください。(私はマルツパーツで小型スピーカーを購入しました)

注意してほしい点として、この記事では “SoftwareSerial.h” のライブラリを利用します。

img_20160918_230923_

プログラム

テストプログラムを下記に記述します。

最初に003番の曲が流れます。

play_file(0x01,0x03);

のところで、play_file(0x01,0x01);と変更すると001番目の音楽が流れます。

このプログラムでは、音量と次、前の音楽ファイルの再生、再生/一時停止の機能をつけています。

その他は、マニュアルを参照してください。

ArduinoとMK-156の接続方法は、

MK-156    Arduino

RXDピン ー 11ピン(TXD)

TXDピン ー 10ピン(RXD)

としてください。

実行結果

※音量が小さいので注意

センサーの値を読み取ってそこから効果音とかでたら面白そう

参考文献

  1. AVRマイコン総合スレ Part37 http://wc2014.2ch.net/test/read.cgi/denki/1455035922/l50
  2. マイコンキットドットコム MK-156マニュアル http://www.mycomkits.com/reference/MK156manual.pdf
スポンサーリンク







フォローする

コメント

  1. タカハシ より:

    はじめましてタカハシと申します。貴ブログを参考にarduinoでmk156を動作させることができました。
    しかし間違っていると思われる箇所があると思うので指摘させていただきます。
    ・mk156のRxとTxが逆
    ・シリアル通信のピンがRx→Rx、Tx→TxではなくRx→Tx、Tx→Rx
    の二点です。ご確認くださいませ。

    • miyakawa より:

      お読み頂きありがとうございます。また、ご指摘ありがとうございました。
      早速、MK-156とArduinoの接続の箇所を修正いたしました。
      これからもよろしくお願いします。