コタツをスマートフォンで操作する

寒い季節となりました

私はコタツで寒さを凌いでいます
コタツいいですよね
エアコンやファンヒーターと比べて温もりを感じられます

しかしながら、手動でスイッチをON/OFFしなければなりません
さらに、電源を付けっぱなしで外出することもありとても危険です

コタツの電源をスマートフォンで操作できるようになれば、わざわざスイッチまで行かなくて済みます
スマートフォンでコタツを操作できるものを作ってみたので掲載しておきます

準備するもの
・お手持ちのスマートフォン

・Arduino

・サーボモーター
購入先: Amazon

・タクトスイッチ
購入先: 秋月電子

・Bluetoothアダプタ
購入先: ヨドバシカメラ

・SBDBT
購入先: RT ROBOT SHOP

準備するものを見た通り、ArduinoとスマートフォンをBluetoothで接続して操作を行っています
そのため、スマートフォン以外でもBluetoothが内蔵しているパソコンでも操作をすることが可能です

上記のモノを接続し、プログラムを書き込みます
書き込むプログラム↓

サーボモータを9pinに接続します
SBDBTの接続については下記の動画を参照してください
(参考) mはげ様 【ゆっくり解説】 Bluetoothの使い方 【電子工作】

このプログラムをざっくり説明すると、「スマホから”1~4”までの数値をArduinoが読み込み、それに対応したタイマーが開始し、コタツがONになる」ようにしました
“1”は1時間タイマー、”2”は2時間タイマー、”3”は3時間タイマー、”4”は4時間タイマーです
止めたい場合は、”o”を送信すれば止まります
延長するときは”e”を送信してください

文字だけでは分かりにくいので動画を作成しました
よろしければ視聴してみてください↓↓

動画でもありましたが、起床した時にコタツが温かいといいですよね
RaspberryPiと接続してcronにて指定した時刻にコタツの電源がONになるようにしています

ArduinoとRaspberryPiの接続については、後日記事にします

スポンサーリンク







フォローする

スポンサーリンク