プラレールにマイコンを入れて操作してみた

プラレールにArduinoというマイコンいれてスマートフォンで操作してみました.
「プラレールをもっと楽しくできないかなぁ」と、研究室の先生がプラレールで面白いことをしてたことからあやかってみました.(参考を見てください)

とりあえず動画

作り方

スポンサーリンク




スポンサーリンク

プラレールの改造

主な材料

  • プラレール たまたまあった武蔵野線を使ってみました
  • Arduino Nano 公式もありますが互換機を購入しました(互換機のほうが安い) http://www.amazon.co.jp/gp/product/B008SINCWE/ref=oh_aui_detailpage_o03_s00?ie=UTF8&psc=1
  • BlueToothモジュール「FB155BC」(技適あり) Amazonで購入したのですが、販売されていませんでした
  • モータードライバ「TA7291P」 たまたま家に転がっていたモータードライバ使ってみました

その他材料

  • モーター デフォルトに入っているモーターでも良いと思いますが、ミニ四駆用のモーターに変更しました
  • 9V電池ボックス モーターの回転数を上げるために購入
  • 単3電池ボックス4個 Arduinoを動かす電源を作るために購入 5V以上無いとAruinoは動かないため、四本直列にして6Vにしています.

回路設計

回路をいい感じに書いて、ユニバーサル基板で作りました.

Arduinoのプログラムは下記のとおりです.

Bluetoothを使うための特別な処理を記述する必要はなく、C言語のように書けるので便利です.

 操縦側のプログラム

私が使用している端末がAndroidしか無いためAndroidアプリで作りました.
今回製作したアプリは、「とりあえずプラレールを動かせれば良い」というコンセプトで作ったため、簡単な作りになっています.
Androidアプリを開発する環境があれば開発することが可能です.

ソースコードで注意するところは、「res\values\strings.xml」のbluetooth_ipに接続するBluetoothモジュールのIPを入れてください.
正しく入力しないと接続できません.

使い方は動画を参照してください.
それでは良いプラレールライフを!

GitHub : http://github.com/Momijinn/plarail-and-micon

参考

スポンサーリンク







フォローする