ロボホンアプリ開発メモ

ロボホンアプリを開発する機会がありました

ドキュメントを読んでみたり実際に作ってみたりしてさぐりさぐりロボホンを知ろうとしています

以前に簡単にロボホンを喋らせるアプリを作ってみたりしていました

これらを踏まえてロボホンのアプリを作る上で重要だと思うところをメモしておきます

注意

このメモはロボホンを100%使うためのメモではありません

喋らせたり簡単な手振りをするところまでであり、また簡単なアプリを作ってみて躓いた箇所等をメモ程度でまとめたものです

プロジェクタでの投影や、こってこてに踊らせたい場合はドキュメントを読んでください

重ねて、個人的な解釈が含まれているので正式なドキュメントと差異がある場合があります

ロボホンとは

ロボホンとは、SHARPから発売されている人型のロボットです

OSにはAndroid5.0を搭載しているため、Android環境で開発が可能です

基本的な機能として、カメラや9軸(加速度・角速度・地軸)センサ、照度センサがついている他、プロジェクタによる投影、顔認識も可能です

3G・LTE版(SR-01M-W)とWifi版(SR-02M-W)があり、3G・LTE版だとsimを挿入することで通話やsmsをすることができます

上記の他にもロボホンは、自由に踊らせることや柔軟に体制を変えることができる点がアドバンテージだと思います

各関節部分にサーボモータが搭載しており、これによって立ち上がるモーションや踊るモーションといったあらゆる動きが可能となっています

ロボホンの機能を使うにはココロプランというものに加入しなければなりません

現時点(2018/10/14)では、月1,058円プランと月2,678円プランがあります

結構高いです

しかし、これに登録しないとロボホンアプリを開発するためのドキュメントやSDKを入手することができません

喋らせる上で注意

ロボホンにはSHARPが定めた人格・性格があります

開発者はこの人格・性格に沿って言葉や言い回しを考えて喋らせなければなりません

ロボホンは5歳くらいの男の子という設定です

5歳くらいというとボキャブラリーは多くはありません

「わかったー」とか「たのしいねー」とか「これはなぁに」とか子供っぽい言葉を選んで喋らせるフレーズを作ります

もちろん、汚い言葉はNGであり、ネガティブな発言も基本的にはしません

また、ロボホンは強く断定(好き嫌いをはっきりしない)を基本しません

「この花すごくきれいだね」ではなく「この花はきれいだね」といったそれとなく話します

※このルールを厳格に守るとロボホンが喋れなくなるためケースバイケースで喋らせます

さらに嘘をつくことも基本NGです

基本というのは例えばゲームアプリを作成した場合、ルール上仕方なくといった特例は嘘つくことは許容されています

ロボホン自身ができないこと(ex:水泳していい?)や、確実ではないもの(ex:天気予報)に対しては、言わせないまたは、ぼやかせて言う必要があります

ロボホンの性格についてはSHARPが細かく定めているのでドキュメントに目を通したほうが良いです

動けなくなる条件

ダンスや身振り手振りで喋れる一方で動けなくなる条件があります

複数ありますが、個人的に重要なところを抜粋(詳細はドキュメント参照)

  • ロボホンとPC等がUSBケーブルにて接続されている状態
  • 電池残量が残り少ない状態

電池残量が残り僅かになると動作を停止し、おしゃべりオンリーになります

アプリケーション開発

SDK

現時点(2018/10/14)においては全部で8個のSDKが提供されています

  • アクションのライブラリ
    • jp.co.sharp.android.rb.action.framework.jar
  • 電話帳のライブラリ
    • jp.co.sharp.android.rb.addressbook.framework.jar
  • カメラのライブラリ
    • jp.co.sharp.android.rb.cameralibrary.jar
  • メッセージのライブラリ
    • jp.co.sharp.android.rb.messaging.framework.jar
  • プロジェクタのライブラリ
    • jp.co.sharp.android.rb.projector.framework.jar
  • ダンスのライブラリ
    • jp.co.sharp.android.rb.rbdance.framework.jar
  • 歌を歌うライブラリ
    • jp.co.sharp.android.rb.song.framework.jar
  • おしゃべり(音声UI)のライブラリ
    • jp.co.sharp.android.voiceui.framework.jar

とりあえずロボホンをおしゃべりさせて簡単な身振り手振りさせたかったらおしゃべりのライブラリ(jp.co.sharp.android.voiceui.framework.jar)のみインポートすればおkです

簡単な身振り手振りというものは、ロボホンには文章に合わせて自動でモーションを追加することができます(詳細はHVMLにて説明)

「とりあえずおしゃべりさせながらロボホンを動かしたい」でしたら自動モーションで簡単につけることができます

アクションを作り込むのであれば、アクションのライブラリが必要かもしれません

ファイル構成

ロボホンのサンプルを開くとMainActivity.javaの他に様々なファイルが生成されています

MainActivity.java以外で編集するものはcustomizeに入っているScenarioDefinitions.javaです

ScenarioDefinitions.javaではHVML(ロボホン独自のマークアップ言語)の呼び出すための登録のようなものをしています

HVML

HVMLはロボホンを喋らせるたりモーションを付けるためのマークアップ言語です

HVMLに喋らせたい文章とそれに合わせた振り付けを記述します

オリジナルのhvmlファイルはassets/otherディレクトリにいれます

また、assets/homeもありますが、ここにはテンプレートが入っています

hvmlファイルを入れる注意として、Androidパッケージ名+ユニークな文字列.hvmlにする必要があります

Androidパッケージ名の入れ方も特殊でピリオド「.」をアンダーバー「_」に変換して記述します

ファイル構成は以下のようになります

HVMLの書き方

HVMLの書き方はロボホンを簡単に喋らせるサンプルプログラムを例にして記述します

上記のプログラムはすでにブログにて投稿しているので参考にしてください

ロボホンを知っていますか? 目の付け所がシャープな企業であるSHARPから発売されているロボットです 私が所属している研究室にもロボホンが在籍しています ロボホン用のアプリも開発ができるのですが、喋らせるのがちょっとめんどくさいので簡単に喋らせ身振りもすることができるサンプル的なアプリケーションを作ってみました

ロボホンを簡単に喋らせるサンプルプログラムのHVMLは下記のようになっており、これを使いまわしています

タグの解説

  • description
    • hvmlの概要.
  • producer
    • Androidパッケージ名.
  • scene
    • “Androidパッケージ名 + .scene_common”で登録.
      アプリを起動時にhvmlを読み込ませるためにこのように書く(アプリ共通シーンとしてhvmlを追加).
  • accost
    • priority
      • hvmlの優先順位 デフォルトは”75″.
    • topic_id
      • hvmlを実行したときに最初に実行されるべきtopicタグにあるidを記述.
    • word
      • hvmlの名称(accostの名称).
        オリジナルの名称にする.
        “Androidパッケージ名” + “お好きな文字列”で登録(お好きな文字列はhvmlの名前でいいと思う).
  • speech
    • ロボホンを喋らせるワードを記入します.
    • ${memory_p:value}とするとspeechのところを変数化することができます.
      valueには”Androidパッケージ名” + “変数名”にて記述.
  • behavior
    • ロボホンのモーションの登録.
      専用のモーションIDを登録もできるが、言葉に合わせて自動でモーションを付けることができます.
      自動モーションにはAとBがあります.
      サンプルではモーションBであり、汎用的なモーションが自動で付け加えられます.
      モーションAでは一回で喋らせる文字数が30文字範囲内であると特定のフレーズに対して自動でモーションが付け加えられます.
  • control
    • function
      • hvmlファイル名のAndroidパッケージ名の後半にあるユニークな文字列.
    • target
      • Androidパッケージ名.

プログラム

HVMLのくくりつけ

新規に作成したHVMLはScenarioDefinitions.javaに以下のように記述します

※例として上記のHVML(com_example_kananote_mysamplerobohonvoice_myhvml.hvml)としています

ACC_ACCOSTには、”com.example.kananote.mysamplerobohonvoice.myhvml.accost”が入っており、つまりhvmlのaccostタグにあるwordにあたります

ACC_ACCOSTにてhvmlの呼び出すための登録(くくりつけ)をしています

MY_SPEECHはは、”memory_p:com.example.kananote.mysamplerobohonvoice.myhvml.speech”が入っており、つまりhvmlのspeechtタグにあたります

MY_SPEECHがロボホンが喋らせるフレーズの変数となっています

ロボホンをおしゃべりさせる

HVMLとHVMLを呼び出すための準備をしました

やっとロボホンをおしゃべりさせてみます

ロボホンをおしゃべりさせるには下記のように記述をします

VoiceUIVariableUtil.setVariableDataにて、hvmlのspeechタグに発話させたい文章を登録しています

VoiceUIVariableListHelper().addAccostにて、hvmlを呼び出し発話をさせています

Tipsとしてロボホンの発話を途中で止めるには以下のプログラムを記述すると止まります

ロボホンの概要からしゃべらせるまでの一通りを個人的な解釈でまとめてみました

はじめてロボホンを作るときはかなーり悩みました

HVMLとはなんぞやから始まり、勝手に生成されているjavaファイルが行っている処理とは一体・・・などの困難がありました

実際に作ってみてなんとなーく理解はしましたが、振り返ると「構成がシャープだなぁ」という印象です

プロジェクタや顔認識もできますが、私としてはロボホンが喋って身振り手振りできれば十分という考えです

ロボホンを100%使うのであればドキュメントを読むことを推奨します

記事内にもでてきていますが、簡単にロボホンを喋らせるプログラムを作ってみたので試してみてください

ロボホンを簡単に喋らせるための個人的なサンプルプログラム. Contribute to Momijinn/MySampleRobohonVoice development by creating an account on GitHub.
スポンサーリンク