Pythonモジュールのmatplotlibの走り書きメモ

Pythonにはmatplotlibというグラフを描画するライブラリ(モジュール)があります

データをグラフ化しなければならない事態があったため、matplotlibを使ってみました

その際、色々メモしたためここに走り書きで残しておきます

動作環境

  • Windows10 64bit
  • Python 3.6.2

インストール

matplotlibのほかにseabornというモジュールもいれます

seabornをいれることでグラフがおしゃれになります

  • matplotlib
  • seaborn

csvファイルを扱う場合はpandasをいうモジュールをいれると簡単に読み込み、グラフへ表示ができます

  • pandas

入力データ

テストとして下記のようなデータを使ってみます

加速度と角速度のデータです(使用するデータは加速度のみ)

プログラム

やってることは、

  1. pandasでcsvを読み込み
  2. seabornにてグラフをおしゃれにするように設定
  3. 行列名に日本語を扱いためフォントを”Ricty Diminished”に変更
  4. 加速度x軸,y軸,z軸のプロット設定
  5. x軸、y軸のラベルを設定
  6. グラフラベルを下に置くようにする(seabornを入れるとグラフ内に入れると見づらくなるため外に出す)
  7. いい感じにグラフを自動調整
  8. グラフの表示

plt.plotの引数は下記のサイトが非常に参考になります

matplotlib の marker には ● とか ▲ など、いろいろな形が用意されています。現在、35種類のマーカーが使えるようなので、ひととおり試してみます。マーカーの大きさはmarkersizeで指定します。marker=’$…$’の書式で、任意の文字列をマーカーにすることもできます。

表示

参考文献

スポンサーリンク