Kerasのインストールメモ

ディープラーニングが注目されている昨今です

私もディープラーニングがしたい!ということで簡単にできないかなぁと色々試したところKerasが簡単に作ることができました(つよい)

手始めにKerasの環境をインストールする方法についてメモしておきます

Kerasとは

  • KerasはPythonで記述できるニューラルネットワークライブラリです
  • バックグラウンドにTensorFlowまたはCNTKが動いています(デフォルトはTensorFlow)
  • 超簡単にニューラルネットワークを組むことができます(私自身TensorFlowをやってみましたがKerasのほうが圧倒的に楽です)
  • CNNとRNNの両方を使用することができるかつ、組み合わせも可能です
  • CPUとGPUでも動く

細かいところはドキュメントを参照:https://keras.io/ja/

事前準備(前提)

  • Python 3.6.2
  • pip導入済み
  • Windows 10 64bit
  • CPU onlyで導入

Keras本体のインストール

あると便利なモジュール

  • accuracyとlossをグラフ表示
    下記のようにlossがどれだけ下がっているかがわかる


  • モデルの可視化
    下記のようにどのようなモデルになっているかがわかる

    1. graphvizをインストール
      ここからダウンロードしてインストール
      その後、binにpathを通す ※自動でpathが通らないため注意
    2. pydot_ngのインストール

  • Jupyterによる表示
    1. markupsafeのインストール
      事前にこれをしないとエラーを吐くここからmarkupsafeをダウンロードし、下記のようにインストールする
    2. Jupyter本体のインストール
    3. markupsafeの再インストール
      再インストールしないと実行時に下記のようなエラーを吐く

      そのため、再インストールを行う

    4. 実行
      実行するとwebブラウザが立ち上がる

  • モデルと学習情報の保存
    h5pyのインストール

これでKerasは動くと思います

次の記事らへんでkerasのサンプルプログラムを記載しようと思います

参考文献

スポンサーリンク