Arduinoで配列の連結

PythonやNodejs等々の言語になれてしまい、Arduino言語のプログラミングが歯がゆいと感じる今日このごろです

歯がゆいと感じる一つに配列の連結があります

pythonとかとかの言語の配列連結は簡単ですがArduinoではそうはいきません(ベースがC++だから仕方ないね)

色々調べて個人的やりやすいなーと思ったものができたのでメモ程度にまとめておきます

私が行った方法はでっかい配列を一つ用意しておきそのなかで配列Aと配列Bを連結させる方法です

色々やり方はありますがこれがシンプルでわかりやすかったです

他にもポインタを使ってやる方法がありますが簡単な実装方法にしました

スポンサーリンク




スポンサーリンク

プログラム

グローバル変数にて連結した結果を格納する配列を用意しておきます

そしてArrayLinkという関数でfor文で連結してます

ArrayLinkを呼ぶ引数として、”arrayA,arrayAの長さ,arrayB,arrayBの長さ”としました

こうすることで結合前の配列を可変長で持ってくることができます

マクロで定義している GET_ARRAY_SIZEがとても便利で配列の長さを持ってきてくれます

私が日頃書くプログラムにも記述することが多いです

スポンサーリンク







フォローする