BLEnano2をArduinoで使うメモ

BLEnano2便利ですめっちゃ

BLEnano2をArduino環境で使うためのメモを残します

また、後述にてBLEnano2の闇をみたのでそこら辺も残しておきます

  1. 書き込み器(DAP-link)のファームアップデート

    これをしないとデジタルピンが動かない現象に陥ります
    下記のURLからファームをダウンロードします

    nRF5x - nRF51822 and nRF52832 based baords, e.g. BLE Nano, RBL_nRF51822, Nano 2 and Blend 2

    そしてBLEnano2をリセットボタンを押しながらパソコンに接続をします

    そうすると”MAINTENANCE”というのが認識します
    その中に先ほどダウンロードしたファーム(bin)をドラックアンドドロップします
    これでアップデート完了です
  2. BLEnano2をArduinoIDEで書き込む準備

    Arduino IDEを開き、”環境設定”を開きます
    追加のボードマネージャーURLに下記のURLを追加します

    次に”ボードマネージャー”を開きます
    “RedBear nRF52832 Boards(32-bits ARM Cortex-M4F) by RedBear”というものを見つけインストール
    これでArduinoIDEでBLEnano2が書き込めます

  3. 書き込み設定

    ※これを気をつけないとBLEnano2のデジタルピンが使えません
    書き込み設定は以下のように設定してください
    ・ボード:BLE_Nano2

    書き込み装置はなんでも良くはないですが、なんでも良いです
    BLEnano2の書き込み装置は”DAPLink”というやつです(デフォルトでも書き込みできました)
    公式にArduino化する手順があるのですが、選択するボードはRBL_Blend2だよ!って画像で示してるけど(文章では明示してない)これ使うとデジタルピンが使えない罠になってます

これで書き込めるようになりました

適当にLチカするプログラムを作ったので書き込んでみてください

マイコンについてるLEDがチカチカします

BLE通信においてPeripheralとして使うサンプルファイルも作ったので参照してみてください

Blenano2をble通信のPeripheralとして使うサンプルプログラム. Contribute to mySimplePeriferalBlenano development by creating an account on GitHub.

スポンサーリンク




スポンサーリンク

BLEnano2の現状と闇

現在(2017/11/02)において、mbed環境でBLEnano2の開発は避けたほうが良さそうです

BLE関係のライブラリが全く動きません

Arduinoとmbed以外は試していないのですが、Arduino環境はBLEとデジタルピンは動くようです

個人的な見解ですがArduinoとmbedの違いはクラウド開発できるかどうかなのでmbedの開発環境じゃなきゃ嫌という人以外は(現段階において)ArduinoでBLEnano2を開発したほうが良さげです

以下mbedで開発していた私の心境

arduinoでデジタルピンが動かないことを知りmbedで開発を始める

mbed環境でBLE通信ができず絶望する

闇を抱える

原点回帰してArduinoの設定見直たらできてヒャッホイする

現場からは以上です

参考文献